桑の実の教育

桑の実幼稚園ってどんな園?

はじめての方に、桑の実幼稚園をざっくりと紹介します。

クラス活動(一斉活動)と、自由遊びをバランスよくすることで、メリハリのある毎日を送っています。

“おはよう!今日もいっぱい遊ぼうね”
歩きや園バスで登園してくる子どもたちを、担任の先生が迎えます。
カバンや帽子をしまったら、園庭に出て好きな遊びをします。

みんなそろったら、お部屋に入って朝のごあいさつ。
お当番さんは、園長先生に出欠を連絡します。

毎朝、数字のポスターや、言葉のカードを音読する元気な声が響いてきます。
スマートキッズは、短い時間を使って、いくつかのメニューをテンポよくすすめる活動です。「継続は力なり」子どもたちは楽しみながら、いつの間にか力をつけていきます。

クラスごとにカリキュラムに沿っていろいろな活動をします。
学年により、取り組む内容は様々です。
専門講師による英語や体育、音楽の特別カリキュラムを行う日もあります。

給食室から、できたてのおいしそうな給食が運ばれてきます。
手洗いをすませたら、カバンから給食セットを出してテーブルに並べます。
エプロン姿のお当番さんが、給食を運んでくれます。

いっぱい遊んで、おなかはぺっこぺこ。ニコニコ笑顔で「いただきま〜す!」
しばらくすると、おかわりの行列ができています。
食後の歯ブラシも忘れずにネ!

給食を食べ終わったら、降園までたっぷりと遊びます。
おなかもいっぱいになって、元気パワー全開!

あっという間の一日。そろそろ降園の時間です。
心静かにして、先生から絵本や紙芝居を読んでもらいます。

歩きコースの子は保育者のお迎えで、バスコースの子は順次、通園バスに乗って帰っていきます。
またあした遊ぼうね!

“ただいまぁ!”預かり保育を利用する子どもを迎えるのは、専任のお母さん先生。
おやつも楽しみです。
※夕方PM6:00まで/春、夏、冬休みもお預かりしています。